不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?
不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は? > 子宮内膜症の人は妊娠しない?

子宮内膜症の人は妊娠しない?

不妊で悩む女性は多いのですが、実はその不妊症患者の約30%の人は子宮内膜症であると言われています。

逆に、子宮内膜症と診断された人の実に半数の人が不妊症になっているという現状です。

さらに近年、不妊症で悩む人が多くなってきていると言われますが、子宮内膜症になる人も増加していますので、その点でも不妊症と子宮内膜症の関係性は非常に高いようです。

子宮内膜症といわれても、実際どんな病気であるのか分からない人もいるかと思いますので、簡単に説明します。

一般的に女性は生理が終わると、妊娠に備えて子宮の内膜が厚くなっていきます。それが受精せずに終わってしまうと、必要がなくなるため剥がれ落ちて生理となります。

子宮内膜症というのは、この子宮内膜が子宮内ではなく卵巣など別の部分にも増殖してしまうという現象です。

子宮内にある子宮内膜は、生理とともに体外へ排出されるのですが、子宮以外の部分にできた内膜というのは出口がありません。そのため剥がれ落ちることが無く、その場にとどまったままになります。

その内膜は、次第に周囲の臓器・器官と癒着をしてしまい、そのため、精子が入ってきてもなかなか卵管を通っていきにくくなってしまいます。それにより、子供ができない、不妊症になってしまうのです。

ただ、子宮内膜症だから絶対に妊娠しないというわけでもありません。確率が低くなるというだけで、妊娠する事は可能な場合もあるのです。


子宮内膜の増殖というのは、生理が来なくなれば活動がストップしますから、逆に妊娠が子宮内膜症の治療となるケースもあるのです。とはいえ、妊娠すらしにくいのですから、やはり最初に子宮内膜症の治療をおこなう事が先決でしょう。

子宮内膜症の治療に使われる薬としてはエストロジェン、ダナゾールなどがあり、外科的治療法としては腹腔鏡などが使われます。また、子宮内膜症治療の補助的役割として漢方薬を使用する場合があります。

子宮内膜症で冷え性で胃腸が弱いという人には当帰芍薬散、下腹部の痛みが強い場合には当帰四逆加呉茱萸生姜湯な度が用いられます。またダナゾールと併用して使用すると副作用を軽減できるといわれている桂枝茯苓丸などもあります。

ただ、子宮内膜症で漢方薬を使用する場合には、担当医や薬剤師にしっかりと相談をしてから使用するのが望ましいです。

Topics

全身脱毛はアリシアクリニックだと高い

医療レーザーのクリニックの中では比較的、料金の安いアリシアクリニックですが、それでも、やはり全身脱毛ではそれなりの金額になりますよね。

ただ、医療レーザーの場合、ミュゼとか銀座カラーみたいな光脱毛よりも効果は確実なので、料金が高くても、効果を重視するという人にはアリシアクリニック 全身脱毛がオススメです。

不妊で悩む女性は多いのですが、実はその不妊症患者の約30%の人は子宮内膜症であると言われています。 逆に、子宮内膜症と診断された人の実に半数の人が不妊症になっているという現状です。…

Copyright (C) 2011 不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?. All Rights Reserved. [admin]