不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?

肥満は妊娠しにくくなる

女性が太っている事も、実は不妊症となる確率がアップします。

妊娠するためには正常な排卵が大切になってきますが、肥満の女性はホルモンバランスが乱れてしまい、多嚢胞性卵巣症候群、いわゆる排卵障害がおこりやすくなるのです。

肥満度を簡単に調べる方法としてBMIという計算式があります。

それは、体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で計算できますが、その数値が22程度なら正常ですが、25以上からは肥満となっています。

ですが、日本産婦人科学会ではBMIが24以上とされていますから、24を目安にした方がいいでしょう。

もちろん、肥満の人が絶対妊娠できないというわけではないのですが、妊娠したとしても妊娠中毒症になる可能性も高くなります

妊娠中毒症というのは、現在は妊娠高血圧症候群と呼ばれており、妊娠後期になると発症する妊婦さんが多くなり、約1割の妊婦さんが発症するのです。

主な症状としては、むくみや高血圧、尿たんぱくが出ることがあります。

妊娠中期など比較的早めに発症してしまうと、重症化するケースがあり、母子共に危険な状態になるので、甘く見てはいけません。

妊娠高血圧症候群のはっきりとした原因は分かっていませんが、元々高血圧の人や糖尿病、高齢出産などのひとがなりやすいと言われ、肥満の人もなりやすいと言われているのです。

じつは、この肥満ですが、女性だけの話ではなく、男性の肥満も不妊に関係してきます。統計によると肥満の男性は正常な人に比べ約2倍の確率で不妊になるという結果が出ています。

だからといって、食事制限をしたりするダイエット法、急激なダイエットはよくありません。しっかりと運動して、健康的にダイエットすることが大切で、その際には不足している栄養素をサプリメントなどで補い、肥満を解消するといいでしょう。

Topics

女性が太っている事も、実は不妊症となる確率がアップします。 妊娠するためには正常な排卵が大切になってきますが、肥満の女性はホルモンバランスが乱れてしまい、多嚢胞性卵巣症候群、いわゆ…

Copyright (C) 2011 不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?. All Rights Reserved. [admin]