不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?

妊娠しやすい身体を作る

妊娠しやすい身体を作ることで、不妊症を解消するという方法があります。

簡単に「妊娠しやすい身体」といっても、実際どんな事をすればいいのか分からないという人もいるかと思います。

不妊症の中には、その原因がわからず生殖機能が低下しているために不妊となっているというケースが10~20%といわれています。

生殖機能が低下している一つの要因として、冷え性が関係しているのです。子宮や卵巣、精巣などが冷え性、低体温だと、生殖機能が低下してしまいます。そのため、それを解消するためには、 血行を良くして機能を高めることが大切になります。

血行を促進するためには、食事で身体を温めるようなものを食べる、軽い運動で血行を促進させる、下半身を冷やさないように腹巻をしたり、薄着をしないという事も大切で、これだけでも十分な不妊対策になるのです。

その他には漢方薬やサプリメントで血行を促進させるという方法もあります。

手足が冷える、体力がない、生理不順などのホルモンバランスが乱れているという人には当帰芍薬散や当帰四逆湯、下半身が特に冷えるという人は当帰四逆加呉茱萸生姜湯などの漢方薬があります。

またサプリメントの成分としては、身体を温める生姜、トウガラシ、タンポポ、アセロラなどがいいとされています。

漢方薬やサプリメントは、副作用が少ないという事で使用されることが多いですが、用法用量を守らなければ違う副作用を引き起こしてしまう可能性もありますから、しっかりと薬剤師などのアドバイスを聞いて処方してもらうのがいいでしょう。

冷え性は生殖機能低下だけではなく、不妊症となる子宮内膜症などを引き起こす原因ともなりますし、不妊だけでなく便秘や肩こり、腰痛なども引き起こしますから、対策をする事は大切です。

Topics

妊娠しやすい身体を作ることで、不妊症を解消するという方法があります。 簡単に「妊娠しやすい身体」といっても、実際どんな事をすればいいのか分からないという人もいるかと思います。 不妊…

Copyright (C) 2011 不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?. All Rights Reserved. [admin]