不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?
不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は? > 不妊の相談に行くのはいつ頃?

不妊の相談に行くのはいつ頃?

子供ができなくて悩んでいても、よほど切羽詰まらなければ、なかなか病院に不妊相談にいけないものです。

実際、不妊の相談をしたくても、近くに専門の病院が無い、「これくらいでは不妊症とは言えない」って言われてしまうんじゃないかとか要らぬ心配をして、躊躇してなかなか行けないという人もいます。

実際、健康な夫婦が子供を作ろうと定期的に性交をおこなっているにもかかわらず、2年間妊娠ができない場合は原因はどうであれ不妊症ということになります。

もちろん、結婚をしてから2年が経過してから相談に行ってもいいですが、より早く子供が欲しいというのであれば、その前に相談に行ってみても全然構いません。

近年、結婚が遅くなる人が多く、結婚をした時点ですでに30歳を超えてしまっている場合には、年々妊娠できる可能性が徐々に低くなっていくと思った方がいいですので、すぐに相談してみてもいいでしょう。

夫婦そろって検査をしてもらい、異常がなければそれはそれで安心できますし、異常があれば早めに治療することが望ましいですから、いずれにせよ早いに越した事はありません。

また、不妊相談を行くタイミングは、生理前がいいのか、その後がいいのか分からないという人もいます。基本的には生理中に血液検査(卵胞ホルモン検査)をおこない、ホルモンが正常かどうかをチェックします。

そのため、最初は生理中に行くのがいいのですが、基本的には行きたい時に行ってまずは相談をしてみるのが望ましいでしょう。

相談後に、「では生理が来たら来て下さい」と言われるかもしれませんし、男性の精子を検査するのはいつでも出来ますから、夫婦そろって訪問できる日に行ってみるといいでしょう。

ただ、精子の検査をおこなうという事は、その時に射精をして精子を出さなければいけませんから、排卵日直前は精子が減少してしまうという事も考えられますから、避けた方がいいという考えの人もいます。

とにかく、不妊相談はいつでもいいですから、出来るだけ早めに相談するのがいいでしょう。

また最初から病院に行くのが抵抗があるという場合もあります。

その時は、信頼できる専門の薬剤師などに相談をしてみれば不妊対策の漢方薬を処方してくれるかもしれません。まずはそちらで試してみてから病院にというのも一つの方法です。

Topics

鼻下は大阪の医療脱毛だと痛かった

光脱毛の銀座カラーなら、あまり施術の痛みはないかと思ってたんですが、鼻下脱毛をしてもらったら、結構痛かったですね。

なので、今度は大阪 医療脱毛してもらおうかと思ってます。リゼとか湘南美容外科クリニックとかなら、医療レーザーなので、確実な効果が期待できそうです。

子供ができなくて悩んでいても、よほど切羽詰まらなければ、なかなか病院に不妊相談にいけないものです。 実際、不妊の相談をしたくても、近くに専門の病院が無い、「これくらいでは不妊症とは…

Copyright (C) 2011 不妊治療の費用 ※人工授精、体外受精の費用は?. All Rights Reserved. [admin]